So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

お知らせ2

12月11日、ランスが他界しました。
11月29日に11歳になったばかりでした。
ここ数年、少し腎臓の数値が高く、療法食に切り替えて、
頑張っていました。今年の夏〜秋頃までの血液検査は正常値で、
経過は非常に順調でした。

ところが、11月あたりから急に体調が悪化し始めました。
そこから入院して、まだ回復の見込みがある状態だったのですが、
12月11日深夜から明け方にかけて、容態が急変し、そのまま他界しました。
獣医師からは、発作のようなものが起こったのではないかと告げられました。
でも最期のランスは、「えへへ」と笑っているような、可愛い顔をしていて、
苦しんでいるようには見えませんでした。
甘えたさんで、私と一緒にいることが大好きなランスだったので、
私の腕のなかで看取ってあげたかったのですが、
苦しんでいる顔ではなかったことが、せめてもの救いです。

ランスが入院してから、私は休める仕事はできるだけ休み、
病院のあいている時間は、ずっと一緒に過ごしました。
できるだけ、私に対するランスの気持ちに応えてあげたかったからです。

血液検査の結果を見て、私が考えこんでいると、
ランスは頑張って伏せをして、にこにこの笑顔で
私を見つめてくれていました。きっとランスはしんどかった
と思うのですが、『僕は大丈夫だよ。元気出して。』と
言ってくれているようで、その健気さに心打たれて、
ボロボロ泣いてしまいました。
(入院で運動不足にならないようにと、
看護師さんが診療時間外にランスをケージから出して、
伏せをさせたり立たせたりしてくださっていました。
ランスは、私にそれを見せてくれたんだと思います。)

また、私が、他の飼い主さんとお話ししていると、
ランスは拗ねて、ツンツンしまうこともありました。
『よそ見してごめんね』と謝って、なでなでしていると、
ランスはいつもの笑顔に戻りました。
それだけ、私を独り占めしたいとか、
私を好きでいてくれていることを再認識し、嬉しく思いました。

入院生活のなかで、主治医の先生や看護師さんに
愛情をもって接してもらっていました。
ランちゃんという愛称で呼んでもらったり、
お誕生日には、かわいいハート柄の包帯を巻いてもらったり、
出勤日でないのに、私服でわざわざランスの様子を
見にきてくださった看護師さんもいらっしゃいました…。
慎重なランスにしてはめずらしく、ナデナデを催促して、
家族以外の人にも甘えていたようです。
また、嫌なはずの注射や検査の後でも、
にこにこの笑顔だったとも聞きました。
ランスの闘病を支えてくださった先生方や看護師さんに
感謝しています。また、この入院生活が、ランスにとって、
少しでもストレスの少ないものであったなら、よかったと思います。

貧血になりそうだったので、輸血に備えて、自力でドナーも探しました。
知り合いのツテを頼って、ご協力くださるわんちゃんと飼い主様
が数名見つかりました。この方達から、実際に輸血をしていただく
ことはかないませんでしたが、ランスを応援してくださり、
ドナーにご快諾いただけたこと、本当に心強かったです。

入院生活以外でも、まだまだ色々な思い出があります。
落ち着いたら、また書いていこうと思います。

ランスを応援してくださったみなさま、どうもありがとうございました。

nice!(0)  コメント(0) 

お知らせ

2019年8月15日、ノアが他界しました。
ノアの誕生日が8月14日なので、13歳になった翌日でした。
IMG_5628.JPG

最近はブログを更新できていませんでしたが、
これまでノアを応援してくれた方、
本当にどうもありがとうございました。
ここまで大きな病気をせずに、
毎日元気で、楽しい時間を過ごさせてくれた
ノアにも感謝しています。

ノアの両親は、どちらも10歳で亡くなったそうです。
ノアを飼い始めた頃から、両親より一日でも元気に
長生きしてもらうことが、
私のなかで1つの目標になっていました。
手作りご飯を継続していたことや、それ以外についても
ノアにできるだけのことをしてあげたいと思い、
日々向き合ってきました。ノアもそれに応えて、
よく頑張ってくれていたような気がしています。

やり残したことや、後悔がないわけではありません。
が、それらによって得られた教訓や学びもあります。
ノアのためにも、それらを胸に刻み、
まだまだ元気いっぱいのランスに
毎日全力で応えていきたいと思います。

また、ノアの姿形は目に見えなくなりましたが、
今後は、私の心のなかで、これまでとは違う形に
なったノアを愛し続けたいと思います。

落ち着いたら、ノアの体調についてこちらへ
記録しておくつもりです。ノアだけでなく、
ランスの健康管理において、他の飼い主さん
が発信してくださる情報が非常に役立ちました。
ノアの体調に関する情報も、また他の飼い主さんや
わんこの役に立てていただければと思っています。

nice!(1)  コメント(0) 

元気です!

忙しくて全然更新できませんでしたが[あせあせ(飛び散る汗)]
ノアもランスも元気にしてます!

ノア、2017年8月14日で11歳になりました!
(写真はお誕生日会のときのものです)
IMG_4935.JPG
毎日、食欲旺盛だしお散歩もグイグイいく程度に、元気です。
今のところ特に大きな病気もなく過ごせていることは、本当にありがたい。


ランス、現在8歳!今年で9歳になる予定。
(今年の4月頃の写真。最近お気に入りのおもちゃで遊んでいるところです)
IMG_4824.JPG
以前はお腹こわしやすいタイプでしたが
ご飯をいろいろ工夫した結果、最近は安定しています。
その他、大きな病気も罹ってないです。

nice!(0)  コメント(0) 

滑止

仕事が忙しくて更新さぼってしまいました^^;



ノアさんも
写真-7.JPG



ランスも
写真-8.JPG
まだアスゾール飲んでるけど相変わらず元気です。
大分涼しくなってきたので
らせん菌もそろそろ落ち着くかなあと予測しております。



唐突ですが、床にワックスをかけました。
写真-6.JPG
普通のワックスだと光沢が出てきれいなのですが
ワンコ的には滑りやすくなってしまうようなので
リンレイのスリップ軽減・床用ワックスにしてみました。
液体タイプもあるようですが手軽にシートタイプで。



確かにノアランス滑りにくくなったと思います。
光沢も個人的には満足してます。
ただシートタイプ故に気をつけないとムラになりやすいかも。
値段も安いですし、総合的にアリかなと思いました。



足裏

ランスの足裏の毛が伸びてたので刈りました。
写真-2.JPG
普段バリカンはパパさん担当なので
バリカンに不慣れな私は少し緊張しながら刈りました。



慣れない手つきでなんとか刈り終えました。
写真-3.JPG
抵抗しても無駄だと諦めているようで大人しく刈らせてくれました。



まずまずかなー。もうちょっと短くしたいかも?
ノアさんはトリミングで刈ってもらっていて
足裏は殆ど毛がないくらいに奇麗に刈ってもらってます。
自分ではそんなに出来ないです。やはりプロってすごいですね〜。
写真-4.JPG
後脚の写真はありませんが同じような感じで刈りました。



パパさんに刈ってもらっていたのですが、これ結構ハマりますね。
他のところも自分で刈ってみようかな〜。



光沢

ランスを洗いました。ピカピカです。
写真-1.JPG
ランス、胴体はわりと直毛なんですが
お尻から尻尾にかけてすごい天パーです。
写真だと手前に映ってる毛がそれです。
ちりっちりで毛量も多いので地肌を洗うのに毎回苦戦。
でも、お尻周りがモコモコしてて
それもまた、かわいいんですけどね^^



前回のシャンプーから3週間目突入でした。
獣医さんからは2週間おきにと指示されているのですが
どうも忙しくて3週間経ってしまいまいた汗
それでも見た目にフケは大分マシです。
ただ脇腹や首とかをちょこちょこ掻いてるので
痒い感じはあるんでしょうね。痒みも治まってくれると良いな。



募集

8月ももうすぐ終わり。
そんなある日、8月分の電気代の請求がありました。
気になる請求金額は…



26,274円




でした汗。



ノアさんが暑くならない範囲で節電対策してたものの
酷暑に全く歯がたたなかったようで
前年同月期比は27%増でした。



「うちの電気代はもっとすごいよ!」という方
コメント欄からの挑戦をお待ちしております笑。




好日

外で思う存分走らせてあげたいけど
公園や広場で菌をもらってきてしまい下痢が無限ループ状態なので
今の時期は外でそんなに走らせてあげれない…。



あまりに不憫なので
部屋の中でおもちゃでちょこちょこ遊んでエネルギーを発散。



最近はハイパーペットで遊ぶことが多かったので
久しぶりにLANCOのサッカーボールで遊んでみました。



最近1番のお気に入りはハイパーペットなので
ボールを喜んでくれるかなー?と思っていたのですが
大興奮で遊んでました。まだまだボールも好きみたいですね。
写真-18.JPG
カメラ向けるとちょっと顔が強ばってますが
実際は大口空けてニコニコの笑顔でした。



ソファにベロが接触しとります。
写真-19.JPG
本気で遊ぶとこっちもなかなか疲れますが喜んでくれて良かったです。



サリンジャーの新作が出るらしい。
長年、謎に包まれた隠居生活を送っていましたが
噂通り執筆活動は密かに継続していたのですね。
『ライ麦畑でつかまえて (野崎孝訳)』は10代の必読書!みたいな話を何処かで聞いて
10代半ばから後半で読んだものの、他の作品も含めてあまりピンと来なかったなーという記憶。
ですが長年何を書いていたのかが気になるので読んでみたいですね。



死角

写真を撮る直前に指間炎になっている前足を舐めようとしてたノアさん。
写真-17.JPG
右手に映っているのは私の机。
私から見えづらい場所でこっそり舐めようとしたのだろうか…。
つまり、私の視点から自分(ノア)がどんな風に見えているのかを
把握できてるってことになります。考えすぎかな?



ランス、アスゾールを1週間飲んだので3日ほど服用を止めてました。
が、昨晩下痢しちゃったので服用開始しました。
薬効いているけれど可能な限り服用させたくないな。
でも仕方ないですよね。



関係

ノアさんが先に離しちゃったので
ランスがゴムパッチンになりました。
写真-16.JPG
ランスにおもちゃを譲ってあげたのかな。
ノアさんは結構そういうところがあります。
ランスはおもちゃに対する執着が強いですね。



1人っ子だと1人に愛情を集中できますし
多頭飼いだと犬同士の力関係や
関係の中でその子の側面が垣間見えるので興味深いです。



最初はパピボーのランスに戸惑ってたノアさんですが
一緒におやつ食べさせたり
ランスとちょっと遊んでくれたら褒めているうちに
しっかりお兄ちゃんになってくれました。
ノアさんがランスに水を譲ってあげたり
昔ランスが悪戯してた時にはランスを叱ってくれて
ランスを叱ったから褒めて〜って甘えてきたり笑。



ランスの方はと言うと
ノアさんと遊びながら色々な事を教えてもらったようで
他所のわんちゃんに対する接し方がノアさんと同じです。
文化継承的なことって犬にもあるんだなと思いました。
あとはランスの超甘えん坊な性格も
ノアさんからの何か影響を受けているかもしれませんし。



多頭飼いだと散歩などが大変であることは否定できませんが
犬の関係やそれぞれの色んな側面を見せてもらえたりするので
総合的に考えて我が家は多頭飼いで良かったかなと思います。



前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。